1週間ぶりのダイエット日記でぼくの体重は……【120キロからの糖質制限72日目】

まいど!

現在120キロからの糖質制限ダイエットに挑戦中の黒井です。

前回の糖質制限ダイエット日記はこちら!

痩せたけど素直に喜べない理由は……【120キロからのダイエット71日目】

2017.03.28

 

3月28日に更新して以来、しばらく糖質制限ダイエット日記の更新ができずにいました。理由が気になる方は下の記事をどうぞ。

 

あまりに大きな心配ごとがあり、こころの調子をくずしていました。

そのあいだは自分でご飯を作ることができず、しかたなく「白米」や「カップ麺」などの糖質類を口にすることもありました。

よほどストレスだったんでしょう。やけに「ものを口に入れたい」という欲求がありました。それに逆うことができず、本能のおもむくままに糖質の多い食品をどか食いしてしまうことも……。

ようやく気持ちの整理がつき、こころが落ち着いてきたので、糖質制限ダイエット日記を再開します。

落ち着いてきたとはいえ、体には依然として異様なまでの倦怠感がまとわりついています。そのため、糖質制限ダイエット日記を再開しても、またすぐに途絶えてしまうやもしれません。

でも、せめて、体重だけは計るようにしないとね。

広告

【前日の昼食】1週間ぶりの「糖質制限食」自炊。

およそ1週間ぶりとなる自炊で、何とか以前に食べていたような低糖質を心がけたメニューを作ることができました。

【4月3日の「糖質制限」昼食メニュー】

  • チゲうどん(糖質ゼロ麺・白菜・水菜・青ネギ・しめじ)
  • コチュジャンチキン(余った水菜とネギを乗せてみた)
  • めかぶとわかめとオクラの和え物

 

糖質ゼロ麺の賞味期限が近づいてきていたので、早いうちに食べちゃおう、といつもの辛いスープに入れてみました。

糖質ゼロ麺で作ったうどんを主食として、焼いた鶏もも肉にコチュジャンベースのタレをかけたメインのおかずと、海藻類+オクラの簡単な和え物を作りました。

3品とも韓国風でまとめてみましたよーう。

【前日の夕食】糖質制限を再開するぞと思ったらコンビニご飯ですか。

写真はありません。

母が「面倒だからコンビニで買って帰る」というので夕食はコンビニご飯に。糖質制限ダイエットを再開するぞと意気込んでいるぼくは乗り気じゃなかったんだけど、スネをかじっている身分としては、仕方ないよね。

【4月3日の「糖質制限」夕食メニュー】

  • 焼き鳥
  • 旨辛チキン
  • 炙りサーモンのお刺身
  • サラダ

食べたものはこ〜んな感じ。コンビニにはいろんな食べ物が置いてあるので、しっかり吟味すれば糖質の少ないものを選んで食べることができますよ。

【本日の体重と体脂肪率】1週間の暴飲暴食を経て……

今日の体重と体脂肪率は……

【4月4日の体重と体脂肪率】

  • 体 重:111.0キロ(+0.6キロ)【−9キロ】
  • 体脂肪:39%(+0.4%)【−5%】

(前回との比較)
【ダイエット開始時との比較】

丸括弧の数字は「3月28日」との比較となっています。それほど増えていませんねえ。とりあえず一安心です。

【日記】体重測定と糖質制限を「習慣」に。

こころの調子をくずしていたとはいえ、これまで70日も続けてきたことがいとも容易く途絶えてしまったことには、自分自身、とても残念に思っています。

また再開すればいい。そうも思いますが、どうしても「70日つづけてもまだ習慣化していないのか」という考えを拭い去ることができません。

糖質制限食をとることは、糖質量などを考えなくてはなりませんが、体重測定は「体重計に乗るだけ」です。

せめて体重測定だけでも習慣とすることができれば、数字が気になりますから、調子をくずしてダイエットが滞ってしまっても早くに再開することができるでしょう。

苦労して痩せることにあまり意味はありません。

少なくともぼくはそう考えています。苦労に苦労を重ねて、無理に無理を重ねてダイエットに成功しても、その苦労や無理を、痩せてからも継続するのは大変ですから、どこかで必ずリバウンドしてしまいます。

真に「ダイエットに成功する」ためには、ダイエットがまったく苦ではないという状況を作り出さなくてはならないんですよ。

そのためには体重測定や自分が行っているダイエット方法を習慣化する必要があります。

最初はちょっと大変だったけど、今となってはこれをやらなきゃ気持ちが悪い……というレベルまでダイエットを習慣化することができれば、あとは惰性に任せるだけで痩せていきますからね。

だからぼくは「ダイエットにはどんどん投資したほうがいい」と考えます。自由に使えるお金のある方は、どんどんダイエットに投資しましょう。

ビフォーアフターのテレビCMでお馴染みの「RIZAP(ライザップ)」なんかは、ダイエットを習慣化するのにうってつけですよ。

お金を払ってるから続けなきゃ損よ! という思考になるし、専属のトレーナーさんがついてくれるので、あなたが苦しいときも一緒になって頑張ってくれますからね。

お金があって、絶対に痩せたい、いや、絶対に痩せる! という意気込みのある人は、RIZAP(ライザップ)に入会するというのが一番手っ取り早いかもしれません。

 

120キロからのダイエットを助けてください!

どうかダイエット用途の道具や書籍、食品類などをカンパしてください。必要としているものをまとめたリストを用意したので、ちょっと覗いてみていただけると嬉しいです。

 

広告

フォローしてね!

いつもシェアしてくれてありがとう!

2 件のコメント

  • はじめまして。私は41才で専業主婦です。
    うつ病と、パニック障害などを患いながらのダイエット開始したのですが、食欲が落ちず何からどう食べてイイのかわからずに途方に暮れてウオーキングなんてしてました。

    それでも痩せず。
    とうとう今日、120キロに。

    あまりのショックでおかしくなりそうです。

    そんな時に目にしたのがこのブログです。

    頑張ればうまくいくのかな?
    それさえもわからない自分になってます。

    • 吉野さんへ。
      はじめまして、コメントありがとうございます!

      ぼくも「うつ」を持っているので、吉野さんの気持ちが分かりますよ。一念発起して頑張るぞーなんて言っても、ちょっとうつ状態になるとドカ食いしちゃったりします。ダイエット挑戦中の今現在においても、ドカ食いしちゃいますからね(笑)

      吉野さんは「頑張ればうまくいくのかな?」とおっしゃいましたが、ぼくは「頑張ると上手くいかない」と考えます。頑張っている自分というのは、普段の自分とは少し違います。頑張りが何日も何週間も何ヶ月も続くとは思えません。ぼくなんかはとくに根性なしですから。

      ブログでも何度か書いてますがダイエットを成功させる秘訣は「どう継続するか」だと思いますよ。それはつまり「どう頑張らずに継続するか」ということです。頑張らずにできることから始めてみてください。最初はそれでもツライかもしれませんが、ほんのちょっとのツラさなら、すぐにそれが「あたりまえ」になり、習慣化します。

      ぼくは「おかずをたくさん食べられる糖質制限」を選びました。はじめたばかりのころはお米やパンや麺類を食べられないのがツライと感じることもありました。でも小麦のパンの代わりに「ブランパン」を、麺類の代わりには市販の「糖質ゼロ麺」を食べたり、おかずにも、砂糖を使わずに美味しく作る工夫をすることで、おいしい食事をお腹いっぱい食べながら、気付けばもうマイナス10キロを目前としてますよ。

      本末転倒のように感じられるかもしれませんが、ぼくは「ダイエットを続けるため」なら「ドカ食い」もします。1食のドカ食いで明日からまたダイエットを続けられそうなら、ぼくは迷わずご飯やパンや麺類も食べちゃう。とくに最初のうちは「続けるためにならむしろ太るようなこともする!」という気持ちが大事です。

      まず、続けること。

      途切れてしまっても、また再開すればいいや、と思うことですよ。

      って、ぼくもまだ「痩せた」とは言えない状況なのに、偉そうですね。あまり真に受けずちょっとしたアドバイスだと思ってください。

      コメントありがとうございました!

      これからもよろしくお願いしますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です